2015年2月1日(月)


東京に居たって朝ドラを観なければ1日が始まらない、というわけでしっかり朝ドラを観て、本日は朝から Ken's CAFE のガトーショコラを買いに新宿御苑前へ。朝ごはんがてらそこで何かおやつを食べようと思っていたのだけど、どうやらカフェは営業していないようで(バレンタイン期間だったから?)、ガトーショコラを購入しすぐに退散するはめに。次の予定の映画まで、中途半端に時間ができてしまったので、映画館の下のクリスピードーナツで朝ごはんにし、その後 Documentary of NMB48 を観た。東京に来てまで映画を観る自分どうなの、と思わなくもないが、どうしても観たかったのだから仕方ない。

f:id:inumiso:20160206011802j:plain

まさかの、みるきー出番なし。全く無いというわけではさすがになかったけれど、みるきーに焦点が当たる時間はゼロだった。こんな事態は予想していなかった。難波の二番手にスポットライトが当たらないだなんて、そんなことあっていいわけがない。みるきちゃんが観たくてこのドキュメンタリー映画を観にきた私には、ショックが大きた。そしてつくづくアイドルは心を削り取られる仕事であることを再確認。


HKTは全く興味がないけれど、まだ時間があるし、精神を抉られた後はまた精神を抉られる以外は何もできないと思い Documentary of HKT48 も続けて観賞しようと思ったら、次のHKTの回は売り切れ。さすがファーストデイ、平日だって容赦ない。


結局東京駅にお土産を探しに行き、念願の銀座空也の空いろ つきを購入。おいしいといいな。

昨日からおやつしか食べていなかったからかものすごく具合が悪くなってきて、こんな状態ではコンサートに臨めないと慌ててお肉を食べた。グランスタ内の仙台牛タン利休にて。おいしかった。久しぶりのちゃんとしたご飯。




そしてとうとう夜は絢香ちゃんの10周年記念ライブ。

f:id:inumiso:20160206012808j:plain

たくさんのそんなにひさしぶりでもない面々に会えた。2年半ぶりに宮城県平井堅にも会えた。


ライブは今のツアーのセットリストと少し違うくらいで、" 秘密の裏メニュー発動 " というサブタイトルは完全にハードルが上がりすぎたな、と思いつつ、代々木第一体育館、音響が良いのか絢香ちゃんの声が本当によく浸透していた。浸透という日本語はちょっとおかしいかもしれないけど。聴覚ありがとうの時間。


でも、ラストの I believe 。曲紹介、MCが始まった瞬間から崩れるように泣きだし、曲が終わるまで嗚咽が漏れるほど咽び泣いていた。この曲に、絢香の10年が、詰まっていた。積み重ねた一歩一歩が、歌声から滲み出ていた。

I believe myself のその先に今日のこんな未来が待っているのなら、あなたの言う、あたたかい光は、たしかに間違っちゃいなかったね。信じて歩いてきてくれて本当にありがとう。

あの頃想像していた未来とは少し違うかもしれない。或いは、あの頃想像も出来なかった未来かもしれない。それでも、過去の選択のひとつひとつを、こうやって正解に変えて、証明してみせる絢香ちゃんを信じてきて、好きでいられて本当に良かったなと思う。



おめでとう絢香ちゃん。

これからもよろしくね。