2015年11月22日(日)

f:id:inumiso:20151129154051j:plain


一年以上前からずーっと楽しみにしていたいとこの結婚式。

だったのに、会場で着物を着付けてもらった瞬間から具合が悪くなり、いとこ夫婦がめちゃめちゃこだわって豪華にしてくれた披露宴のお料理がほとんど食べられなかった。

いろんなスタッフの方々が入れ替わり立ち代わり心配して声をかけてくださって、主役でもないのに本当に申し訳なかった。

f:id:inumiso:20151129153218j:plain

f:id:inumiso:20151129153253j:plain

f:id:inumiso:20151129153319j:plain

f:id:inumiso:20151129153341j:plain

f:id:inumiso:20151129153405j:plain

食べられなかったのでせめてもの写真たち。


あまりのつらさに花嫁姿のいとことツーショット写真を撮り忘れてしまい、終わった後めちゃくちゃ落ち込んだ。今年いっぱいは引きずりそうなくらい落ち込んでいる。いとこ、もう一度結婚式してほしい。悲しすぎる。


心配していた披露宴でのおじいちゃんの詩吟も時間ぴったりとても上手に歌えていて素晴らしかった。あんなに心配してしまったことを謝りたいくらい完璧だった。



いとこの花嫁姿、ディズニープリンセスかと思うほどかわいくて、幸せそうでよかったな。いつも会うたび、私もこんな風になりたいなと思わせてくれる、優しくて家族想いなとってもとってもかわいいいとこで、ずっと姉がほしかった私にとって、お姉ちゃんみたいな、友達みたいな、心地の良い不思議な存在だった。なかなか顔を合わせる機会がなくて、会ったとき緊張して何も話せないなんてこともあったけれど、大人になった今、いちばん仲良く何でも話せたり笑ったりできている気がする。今日いとこがくれた小さなメッセージカードは、一生の宝物。大好きなお姉ちゃん、本当におめでとう。


f:id:inumiso:20151129153646j:plain

f:id:inumiso:20151129153709j:plain

f:id:inumiso:20151129153733j:plain

f:id:inumiso:20151129153752j:plain

f:id:inumiso:20151129153846j:plain



夜、私のあまりの落ち込みぶりに、友人がお茶をして慰めてくれた。友人の顔を見たらすごく元気が出た。ありがとう。

f:id:inumiso:20151129154508j:plain